日々思ったことをダラダラと書いています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1万円札をばら撒くのはどんな気分だろう。


甲府市で歩道橋で紙幣ばらまき、同一人物か?4日にも
4月6日22時44分配信 読売新聞

6日午後3時20分ごろ、甲府市丸の内の県道交差点で、
歩道橋の上から男が紙幣をばらまいているのを通行人が見つけ、
110番通報した。

路上に落ちた紙幣はすべて本物の1万円札で、
別の通行人が10枚を回収し、甲府署に届け出た。

調べによると、男は中年とみられ、紙幣を1枚ずつ投げていた。
中には、紙飛行機のように折られていたものもあったという。

同市内では4日夕にも約600メートル離れた歩道橋から
1万円札35枚がばらまかれており、同署は同一人物の仕業とみている。

現場は、いずれも甲府市のメーンストリートで、オフィスビルなどが立ち並ぶ一角。
近くの男性会社員は「お金が余っているのだろうか」と首をかしげていた。

記事引用 Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070406-00000414-yom-soci

ノートPCをリボ払いで支払っている私には
1万円札をばら撒く気分はどんな気分か分かりません。続きを読む
スポンサーサイト

利用者よりも料金プランに問題があると思います。


国民生活センター、携帯電話のパケット定額制をめぐる高額請求トラブルに注意
RBB TODAY

国民生活センターは5日、携帯電話のパケット通信料金が
高額となるトラブルが相次いでいる事態をうけて、消費者に注意を促す報告書を発表した。

発表によると、全国消費生活情報ネットワーク・システムに寄せられた
「携帯電話サービス」に関する相談件数の推移は、
2003年度が4,569件、 2004年度が5,036件、2005年度が5,303件、
2006年度(2007年2月末日分まで)は5,303件と年々増加している。
そのうちパケット通信に関する相談件数は、2002年度は3.6%にとどまっていたものの
003年度は13.3%と大きく増加し、2004年度以降は15~16%程度で推移している。

相談者が受けた請求金額(パケット料金含む)の平均額は
2004年度までは8万円台だったが、2005年度に10万円を超え、
2006年度には約16万円と高額化する傾向にある。

高額請求となった事例では、
パケット定額制を契約していなかったことから起こった事例だけでなく、
パケット定額制を契約していたのにもかかわらず高額請求となった事例も紹介された。
これは、パソコンと携帯電話を繋いでのデータ通信や
海外でのローミングサービスによるパケット通信は、
パケット定額制の対象外であることをユーザーが理解していないことが主な原因となっている。
国民生活センターではカタログや契約時に渡される書類、
マニュアルなどでのパケット定額適用範囲の注意表示が不十分だと指摘している。

このほか、携帯電話の契約名義人以外による携帯電話の使用や
サイズがわからないファイルのダウンロード、
接続先が確認できないサイトへの注意と利用料金のこまめなチェックを呼びかけている。

記事引用 livedoor ニュース


利用者よりも複雑で分かりにくい料金プランに問題があると思います。続きを読む

米国産牛肉に不安を感じます。


[米国産牛肉]違反施設の対日輸出除外要請 農水、厚労省 毎日新聞

 米国産牛肉の貨物に月齢証明のない肉が混じっていた問題で、
農林水産省と厚生労働省は22日、米農務省から届いた調査報告書を公表した。
混載は従業員のミスと分かったが、
問題の肉が「生後20カ月以下」だったかどうかは確認できなかった。
両省は、20カ月以下であることの証明を義務付けた輸入条件に違反したとして、
出荷したタイソン社レキシントン工場を対日輸出認定施設から除外するよう米政府に要請した。

 混載は2月上旬に発覚し、米政府が原因などを調べていた。
その結果、同工場の従業員が製品の箱を仕分けする際、
機器のエラー表示を無視していたことが分かった。
出荷部門の担当者も現物を確認せず出荷した。
肉の月齢は「30カ月以下」の記録しかなかった。

 日本政府は「人為的ミスでシステムの問題ではない」として、
同社の他の認定工場については輸入停止など求めないことを決めた。【位川一郎】

記事引用 livedoor ニュース

食の安全に係わる事ですが、結構大雑把に取り扱っているようです。続きを読む

日照遮るマンションに不満を持ち、競技用ライフルで銃撃。


日照遮るマンションを競技用ライフルで銃撃…京都
3月21日2時0分配信 読売新聞

 自宅から近くのマンションに競技用ライフル銃を発射したとして、
京都府警組織犯罪対策3課と右京署は20日、
京都市右京区西院、会社員高居晶容疑者(42)を
建造物損壊、銃刀法違反(許可銃の発射制限)などの疑いで逮捕、
自宅からライフル銃3丁と実弾約900発を押収した。

 「昨年10月、マンションが建ち、自宅の日当たりが悪くなったのに、
何の対策も取ってもらえず、嫌がらせしようと思った」
と供述しているという。

 調べでは、高居容疑者は2月15日から21日の間、3回にわたり、
自宅3階から約50メートル南西にあるマンション(11階建て)に向け十数発を発射。
8~11階の壁や柵、外灯2個を壊した疑い。

記事引用 Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000117-yom-soci

自宅の日当たりが悪くなったのが不満だったようですが
ライフルで銃撃するのはやりすぎです。続きを読む

金塊強盗は3人組、監視カメラ映像で判明


岐阜・高山の金塊強盗は3人組、監視カメラ映像で判明
3月20日3時13分配信 読売新聞

 岐阜県高山市の観光施設から2億円相当の金塊が強奪された事件で、
犯人は外にいた見張り役を含め3人組だったことが19日、
施設の監視カメラの映像を分析した県警高山署の調べでわかった。

 同署は事件発生当時、施設の従業員らの証言が
「1階に見張り役が1人、2階に金塊を運び下ろした男が3人いた」
と一致したため、4人組の犯行と判断していた。

記事引用 Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000401-yom-soci

3人組と判明しましたが、犯人は捕まるでしょうか。続きを読む

世界最高額の慰謝料 1兆3500億円


世界最高額の「別れ」慰謝料1兆3500億円也

■大富豪アブラモビッチ氏、前妻に資産の半分以上

 ロシアきっての大富豪で、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、
チェルシーのオーナーも務めるロマン・アブラモビッチ氏(40)が、
前妻のイリーナさん(39)との離婚に際し、約60億ポンド(約1兆3500億円)の
財産分与に同意していたことが分かった。

19日付の英大衆紙デーリー・エクスプレスが報じたもので、
世界最高額の“慰謝料”とか。共同通信が伝えた。
 アブラモビッチ氏の資産は約110億ポンドとされているが、
報道が事実とすれば今回の離婚で半分以上を失うことになった。

 デーリー・エクスプレス紙によると、5人の子供の養育権を得たイリーナさんは、
アブラモビッチ氏の英国やロシアにある複数の豪邸を譲り受けるほか、
自家用ジェット機や豪華ヨットも引き続き利用できる。
 離婚は、アブラモビッチ氏の代理人が13日に声明で明らかにしたが、
条件などは伝えられていなかった。

記事引用 イザ!

庶民には1億円も程遠いのに1兆3500億円という莫大な金額はピンときません。続きを読む

気になるけど札幌では使えません。


<パスモ>1日で51万枚、スイカ11万枚売り上げ 毎日新聞

 私鉄・バスの「PASMO」(パスモ)と
JR東日本の「Suica」(スイカ)の「ICカード相互利用対策本部」は19日、
サービス開始日18日の発行枚数が62万枚に達したと発表した。
交通系ICカードの1日の売り上げとしては、国内最高記録としている。
内訳はパスモ51万枚、スイカ11万枚。

記事引用 livedoor ニュース

使い勝手が非常に良さそうだけど、
私が住んでいる札幌では使えません。続きを読む

失言の撤回よりも光熱水費の問題は?


「水道水飲む人いない」発言を撤回=誤解与えたと松岡農水相
3月14日21時1分配信 時事通信

松岡利勝農水相は14日午後の参院予算委員会で、
自らの資金管理団体の光熱水費問題に絡み
「水道水を飲む人はほとんどいない」とした発言について
「誤解を与えたのなら訂正することはやぶさかではない」と撤回した。
民主党の蓮舫、主浜了の両氏が「水道水を飲む人に配慮を欠く」などと追及したのに答えた。

松岡氏は
「最近では、ペットボトルの水を買って飲む方が相当多くに達している、という意味で申し上げた」と釈明した。
これについて感想を求められた柳沢伯夫厚生労働相は
「水道水は安心して飲んでいただけるものだ」と語った。

記事引用 Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000218-jij-pol

失言の撤回よりも光熱水費の問題はどうなっているのでしょうか?続きを読む

庶民を馬鹿にしているとしか思えない。


<光熱水費>民主・中井元法相が虚偽記載 286万円分
3月14日3時3分配信 毎日新聞

 中井洽(ひろし)元法相(民主、衆院比例代表東海ブロック)の資金管理団体が
05年に計上した286万円の光熱水費について、元法相の事務所は13日、電話代や花代など別の費目の経費を付け替えて虚偽に記載していたことを明らかにした。
政治資金収支報告書の虚偽記載を禁じた政治資金規正法に抵触する可能性がある。
会計責任者は「本当はゼロ。慣例的にやっていた。(収支報告書を)訂正したい」
と少なくとも数年間の報告が虚偽だと認めた。

 資金管理団体「洽和(こうわ)会」は電気代や水道代を公費で負担している
議員会館にしか事務所がないのに、04年236万円▽03年546万円など
01~05年の5年間で1850万円の光熱水費を計上した。

会計責任者は05年について
「議員会館から地元の三重県への電話代、慶弔の花代、
議員連盟の会費、タクシー代などを計上していた。
(前任者から)引き継いだので数年間はやっている」
と明かした。
01年分から会計責任者となっており虚偽記載が長年続いている可能性があるが、
どこまでさかのぼって訂正するかは「いま調べている」と話した。

中井元法相自身の関与については
「議員から指示はなかった。詳しいことは知らないと思う」
と否定した。

中井元法相は
「私は分からない。秘書(会計責任者)からは、前任者のころから同じように処理していて、
訂正すると聞いている。領収書はあるし、違法ではないのではないか」
と話した。

 政治資金規正法によると、収支報告書の虚偽記載は
5年以下の禁固または100万円以下の罰金に問われる。
 光熱水費を巡っては、同様に議員会館にしか事務所がない松岡利勝農相の資金管理団体が
05年に507万円など、01~05年の5年間に計2880万円を計上していたことが明るみに出ている。
【青島顕】

記事引用 Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000007-mai-soci

まともに働いている人間を馬鹿にしているとしか思えません。続きを読む

金属泥棒が流行っています。


鉄板21枚盗まれる 重さ19トン分 兵庫・加西の工事現場

11日午前9時ごろ、兵庫県加西市東笠原町の工事現場で、
鉄板21枚(計約63万円相当)がなくなっているのを、工事を請け負った会社の男性が見つけた。
加西署は窃盗事件として捜査している。
 調べでは、盗まれたのはトラックや重機が通れるよう地面に敷いた30枚の一部。
いずれも縦約3メートル、横約1・5メートル、厚さ約2・5センチ。
21枚の重さは計約19トンという。
 現場のフェンスの一部が倒されており、ここから侵入したらしい。
8日午後から無人だったという。

記事引用 イザ!

毎日のように金属の窃盗事件が起きています。続きを読む
Copyright © 札幌に生息するインドア男の日記 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。